読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cloud系Architectの日々是好日

ただひたすらコツコツ生きる、学ぶ。

みんなもっとカジュアルにコミュニティーに参加すればいいと思うよ

AWS

今日の投稿は、JAWS-UG Advent Calendar 2013 on Zusaar 12日目のコラボ投稿です!

みなさんこんにちは!JAWS-UG名古屋支部の石田です。
まず結論を先に書きます。
"今日、私、誕生日!プレゼントの送り先はこの投稿の一番下n..." 
ピシッ! (*ー"ー)ノ☆)゚ロ゚)ノ グハッ!!

さて、今日の内容は表題のとおり
「みんなもっとカジュアル(気軽)にコミュニティーに参加すればいいと思うよ」
です。

コミュニティーに参加していない方は、カジュアルに参加してみましょう。
既に参加している人は発表(登壇)してみましょう。
カジュアルに運営を手伝ってみましょう。

っていうオチです。
あくまで私個人の意見・視点ですので、そこんところは大目に見てやってください。

 

なぜコミュニティに参加するのか?

技術者は誰しもそうだと思うのですが、より良いものをアーキテクトして、より良いものをデリバリーしたいですよね?しかもできるだけ早く、安く。
でも普段のお仕事の中では、ほとんどの人はアサインされている案件だけで手一杯。良いものを作るために勉強に充てる時間もとれません、、、(本当に?)

よーく考えてみてください。実は今やってる事やハマってる事って車輪の再発明だったりしませんか?先人達の知恵を受け継げば、もっと楽に仕事が進むかもって思いません??
ちょっとでも共感したあなた、そこのあなた!今すぐコミュニティに参加してみましょう。行っていまいちなら他を当たればよし。

JAWS-UG
http://jaws-ug.jp/

その他(IT勉強会カレンダー)
https://www.google.com/calendar/embed?src=fvijvohm91uifvd9hratehf65k@group.calendar.google.com

 

なぜコミュニティで発表(登壇)するのか?

物事って、アウトプットしてみることで、記憶の定着や知識の甘いところの炙り出しができますよね。もう一歩踏み込むと、普段のインプットがアウトプットすることを前提とした入力をするようになります。これ、積み重ねるととっても大きいです。

 

なぜコミュニティ運営に協力するのか?

より多くの人に、より色んな人にコミュニティ活動を通じて幸せになって欲しいから・・・ですね、私の場合w 完全にボランティアですw

 

すぐに行動しよう!失敗したってなんてことはない

ということで、みなさん今すぐ最寄りの勉強会を調べて、参加してみましょう。
既に参加している人は、恐れずになんでもいいので発表(登壇)してみましょう。
発表した事ある人は、運用をお手伝いしてみましょう
それが幸せになる第一歩です。一歩を踏み出さなければ幸せになれません。ささ、ささっ!