読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cloud系Architectの日々是好日

ただひたすらコツコツ生きる、学ぶ。

JAWS FESTA Kansai 2013の舞台裏を写真で振り返る

f:id:tomyankuns:20131008233206j:plain

 

改めてたくさんの写真を一枚一枚振り返ってみて、参加戴いた方、スタッフのみんな、本当に活き活きした顔をしていて、改めてやって良かった!やりきった!と思い返す。

festa

 

今回、副実行委員長的な立ち位置で、プロジェクト全体のマネージメントの役割で参加させて戴き、本当に沢山の大切な仲間を作ることができたし、沢山の事を学んだ。

最終的に事前登録は800名を超え、当日も600名以上の方にご参加戴き、締めの懇親会も200名を超えたこのビックプロジェクトは、実はたった3ヶ月で建付けたもの。

「この規模だったら、経験上 最低半年から1年は準備に時間が必要ですよ〜」という叱咤激励に「やってやるー!」と奮起しながら、確かにそれくらい必要だわw と凹む事も幾度かあったけど、みんなこれで世の中変えてやる、参加してくれた人の人生変えてやるって本気に想ってがむしゃらに突き進んだ3ヶ月だった。

 

最終的にBacklog(タスク管理サービス)に立ったタスクは327。facebookのmessageでやりとりした会話は数百では利かないくらい。

それらがほぼ全てオンラインで全国のメンバが繋がって、能動的に消化されてくって凄いことですよ、ほんと。同じ会社で毎日顔合わせてたって、ここまで密結合できるプロジェクトはそうそうないです。

 

当日朝8時。こんな感じにガラ~ンと何もない会場が(しかも写真に写ってるのは会場の1/3くらい)

festa

 

当日初参加してくれたメンバーも多い中、こんな感じでグループ毎に役割を確認し合って、

festa

 

9時の受付開始に間に合わせるべく、わずか一時間足らずでレイアウトが完成するっていうww よーく下の写真見るとわかるんですが、スクリーンとかも自作で貼ってますからね、テーブルクロスをw なんて手作り感♪ これぞコミュニティーイベント!

festa

 

場所がフラットな故、どこで何のセッションをやっているのかが判り難いという課題に対して、スタッフの機転で味のあるテープ芸が施され、

f:id:tomyankuns:20131008233543p:plain

f:id:tomyankuns:20131008233548p:plain

 

始まってみればこの大入り具合い♪(これ 一つのTracです)

f:id:tomyankuns:20130928104813j:plain

(続く)